売上アップ広告

関連カテゴリ

  1. 広告

まずハッキリとお断りしておかなくてはなりませんが、
プリンセスカームグループは広告業界の中で、かなり変わった会社です。


広告業界といえば、優秀賞はカンヌ、D&AD、ONE SHOWに始まり
日本では新聞会社の広告賞、大手広告代理店の広告賞があります。

これらは一般的な広告クリエイターにとっては憧れの存在であり、
多くの広告代理店が、こういった受賞を夢みて広告制作しています。


しかし、いつも疑問に感じることがあります。

広告は誰のためにするものですか?
広告は何のためにするものですか?




弊社の考える広告とは「あなたの売上をアップするための施策」です。

「もっとビジネスの売上をあげたい」「集客拡大したい」という
お客様の想いを託されて、広告制作をご依頼いただくものですから、
弊社が広告を請け負う目的は「お客様の集客成功」以外にあり得ません。


ところが、一般的な広告会社の価値基準は違います。
そもそも先に挙げた広告賞は、審査員のセンスで評価されます。

どれだけスタイリッシュか?という美意識を基準に優劣が決められ、
本来、広告に重要な「広告の売上効果」には見向きもされません。


世間で話題になるようなCMでも
会社としては「大して売上に繋がっていない」のは良くあることです。

「雪のせいだ」のキャッチコピーで強烈に印象に残る広告があります。
200人にアンケートした結果、94%もの人が広告を知っていましたが、「何というサービスの広告なのか?」を知るのは全体の8%だけでした。


広告の認知度が、サービスの認知度に直結しないことを考えると・・
話題になった広告の、依頼主の目線では「売上に繋がっていない」と
成果に満足していないケースもあるでしょう。


現に「ダンスCM」で話題になった広告主に話を聞いたことがあります。

ユーチューバーがダンスを真似して「踊ってみた動画」を掲載して、
それをみた人が「私も踊ってみた動画」を掲載するという連鎖が生じて、
そのダンスCMが日本中に拡散して、ダンス自体は有名になりました。

しかし広告主によれば、CMによって得たものは
4000万円の請求書だけで、肝心な売上は1%も増えなかったと言います。


しかし、そんな広告主の評価や広告効果には関係なく
広告クリエイターは「こんなに注目される広告を創った」と大満足です。

彼らはポートフォリオというカタログに芸術的な広告を並べて
実績をアピールしますが、そこにも売上効果には一切言及しないのです。

つまり広告依頼主と、広告クリエイターとでは
【目指す目標】も【成功の概念】も別方向を見ています。

彼らの意識は「あなたの広告媒体」を扱っているのではなく
「芸術作品」を創作しているという感覚なのですから。



一般的な広告会社は、自己満足できる作品が完成すれば満足なのです。
そして、たとえ広告主の売上には繋がらなくても、
大衆に広告の存在が認知されて話題になれば大成功という認識です。


しかしプリンセスカームグループの価値観はそうではありません。

本来、広告とは「売上アップするための施策」であるべきです。
クリエイターの勝手な美意識で、優劣を評価されるのはおかしいと思います。

どれだけ美しい芸術的な広告だろうと、大衆の目を引く広告であっても、
それが集客や売上に繋がらなければ価値のない広告に過ぎません。


たとえば・・
「顧客100社の会社が、この広告によって1400社に拡大した」
「年商1億にも満たない会社が、広告効果で年商8億になった」


本来こういった成果こそが、広告の評価ポイントであるべきです。


ですから弊社では、
「売上をアップする」「集客を拡大する」ことを目標に見据えて、
あなたの成果のために広告サポートをいたします。

もしもあなたが一般的な広告会社が得意とする芸術広告をお求めでしたら
弊社ではまったくお力になれませんので他社へご依頼ください。

ただし、あなたが求めているのが純粋な集客や売上アップの成果なら
どの広告会社よりも、どの広告クリエイターよりも、
圧倒的にあなたのビジネス発展に貢献できる自負がございます。

集客拡大をお求めの方のみご依頼ください。

100,000円 税抜  

加算ポイント:1,000pt

商品コード:

数量
このサービスの評価・お客様の声 ☆☆☆☆☆ (0)
このサービスの評価・お客様の声 ☆☆☆☆☆
▲トップへ戻る