人材の特性診断

関連カテゴリ

  1. 経営サポート

一般的に、社員一人あたりの採用コストは30万とも言われますが、
採用したとしても更に教育にも莫大なコストが掛かります。

一人前に育て上げるまでの現場の苦労は計り知れませんが、
退職の確率が平均15%と言われているため、
せっかく手塩に掛けて育てた矢先に辞めてしまうことも珍しくありません。


退職原因は「仕事内容の不満」「人間関係の問題」「評価待遇の不満」
「イメージと実際の仕事のギャップ」など色々とあるでしょうが、
いずれにしても本人のストレスが限界点を超えた結果というのが通常です。

もしかしたら、もっと早い段階でストレスをケアできていたら、
結果は違ったかもしれません。


一人一人の人間がそれぞれ思考タイプも、向いている仕事も違います。

仕事のやりがいや満足感を感じるポイントも人それぞれで異なれば、
不満やストレスに感じることも人によって異なります。


この個性を見極めて、個性に合わせた指導をしていれば・・
もしかしたら過去に退職してしまった社員がストレスを感じることもなく
会社に定着して、もっともっと活躍していた可能性すらあり得ます。

そのために最も大切なポイントは「本人の適正を見極める」ことです。


そこで、本人の思考パターンを計測することで、
「どんな業務に向いているのか?」「リーダー適正は?」「行動力は?」
「業務の理解度は?」「どんな業務に魅力を感じるのか?」
「どんなことにストレスを感じやすいのか?」などなど分析いたします。

こう言った社員の要素を知ることで、
「個性や特徴を活かして、得意な能力を発揮しやすくなります」し、

本人にとってのストレスとなる要素を把握できるため、
ネガティヴ意識に陥ったり、退職決断する前に改善を図りやすくなります。


実際に、あるクライアントであったケースとして、
社長が仕事後に「チームの飲みニケーション」にこだわっていたものの、
若手社員は「早く帰宅したい。好きなことに時間を使えない」ことが
最大のストレスになっており、転職まで考えていましたが、、

この飲みニケーションをなくしたことで、若手社員の不満がなくなり
仕事に集中できるようになり、営業成績が伸びたということがありました。


社長にとってはモチベーションを上げるための飲みニケーションなので
心外という感じではありましたが、ストレス原因が分かったため、
仕事後の飲みを強制的な参加ではなく挙手制の自由参加型に変更しました。

やがて以前は飲み会がストレスだった社員も自発的に挙手するようになり、
自主性や仕事の積極性も増したというエピソードがあります。


もしも、本人の思考パターンを計測していなければ、
ストレス原因が分からず退職していたものの
個性を分析したからこそ、能力を発揮できる改善ができました。

この診断は、1社員あたり1,200円となります。

中には最初のお申し込みは社長さん自身が診断されるケースも多く
「自分自身の特性を初めて理解した」とご満足頂いております。

・個人、法人関係なくお申し込み頂けます。

・日本全国対応しております。

1,200円 税抜  

加算ポイント:12pt

商品コード:

数量
このサービスの評価・お客様の声 ☆☆☆☆☆ (0)
このサービスの評価・お客様の声 ☆☆☆☆☆
▲トップへ戻る