資金調達サポート

関連カテゴリ

  1. 経営サポート

優れたサービス・商品なのに資金がない…



スタートアップしたばかりの創業社長なら誰もが通る道で、
もしも、あなたが起業間もないなら、またはこれから起業するなら、
絶対に知っておいて頂かなくてはならないサービス
です。

また、ベテラン社長にとっては、このサービスのページを見ると
過去の地獄の日々を思い出して苦痛を感じてしまうでしょうが、

サービスを知るタイミング次第で「既に手遅れ」の可能性もあるので、
今の内に、絶対に知っておいて頂きたいサービスです。


一般的に企業の経営状況を語る時に、資金力は体力と例えられますが、
スタートアップ企業やアーリーベンチャー企業、個人事業主にとっては
体力というよりも「資金力は空腹感」という感じです。


人間が何もしていなくても時間の経過で空腹になっていくように、
企業も時間の経過でみるみる内に資金が減っていきます。

そして、人間が空腹感を食事でしか満たすことが出来ないのと同じで、
企業にとってはキャッシュ(=現金)でなければ
真に空腹感を満たすことは出来ません。(黒字倒産のリスクもあります)


どんなに頭が良くても・・
どんなに体が屈強でも・・
どんな資格や特技を持っていても・・
飢餓状態では力を発揮することが出来ないのは企業も一緒で
キャッシュがなければ営業活動や生産力もストップしてしまいます。


空腹で倒れる前にどんどんキャッシュを入れなくてはならないものの、
スタートアップ企業にとってはかなり困難ですし深刻な問題です。

会社生存率については諸説ありますが
2年以内に60%が倒産。5年以内で80%が倒産。
10年以上を迎えられるのは10%未満
などと言われます。



おそらくこの統計に休眠企業は含まれていないと思いますが、
法人が解散する手続きに20万円以上の予納金や印紙税が掛かるので、
零細企業の場合は廃業状態に陥ってもわざわざ倒産の手続きをしません。

するとみなし解散として12年後には登記を抹消されることになりますが、
そんな実質的には営業をしていない休眠企業の存在を含めると、
事実上の倒産企業の実数は、本当はもっと多い可能性すらありえます。


ちなみに弊社は設立当時に積極的に交流会などに参加していたため、
同世代の設立企業と100社以上も知り合っていましたが、
2期目に年賀状を出した時には、同世代企業の7割が宛先不明でした…。


多くの創業者が脱サラで1000万円、2000万円の融資で起業しますが、
事務所を借りて、人を雇って、ホームページを公開して、広告を掛けて、
と営業活動する間にも、みるみる資金を消費していってしまいます。

飢餓状態で身動きが取れなくなる前に、どんどん資金を注入できないと、
丁度、2年くらいで1000万円規模の資金も尽きて倒れてしまいます。


資金獲得の活路を見出せず多くの企業がバタバタ倒産しており、
営業活動を存続するために資金を確保するのはとても困難なことです。


多くの創業社長が経験していることでしょうが、
【資金繰り】は地獄の苦しみです。


どんな創業者も「絶対に上手くいく!」と確信して起業します。
最初から無理かもしれないと諦めながら起業する人はいないでしょう。
起業時点では誰もが成功を確信して、希望に満ちているはずです。

しかし、その確信の顛末は、多くの企業が5年も保ちません。


その理由は簡単です。

創業者の誰もが「優れたサービスだから上手くいく!」と起業するものの
決してサービスの良し悪しが、企業の存続と一致しないからです。


「優れたサービス」「優れた商品」「優れた社長」だから
企業が存続できるわけではありません。


サービスの良し悪しと、企業の生存率は必ずしも関係なく、
立ち回りが上手く器用に資金を獲得できる企業だけが生き残れるのです。


残念なことではありますが、、
どんなに優れたサービス・優れた商品・優れた人格の社長でも
立ち回りが下手なら資金獲得できないため存続できません。


その一方で、どんなに劣っているサービス・商品・社長の人格でも
圧倒的な営業力を持っているがために資金潤沢な企業もありますので、
決して商品の良し悪しで会社の存続が左右されるのではありません。

「あんなに良いサービスだったのに」
「あんなに良い社長だったのに」
と惜しまれながらも脱落していく企業をこれまでに何社も見てきました。

どんなに優れたサービス・商品でも、
その価値が正当評価されて資金を獲得できるとは限りません。



しかし最近では、事情が変わってきました!

クラウドファンディングといって、インターネット上で、
「こんなビジネスをやりたい!」「このサービスを世に広めたい!」
という発信をすることでパトロンを募るサービスがあるからです。

かつては優秀なサービスが誰の目にも止まらず倒産していたものの
最近ではクラウドファンディングで、陽の目を浴びることで
優秀なサービスが正当な評価を受けられるようになってきました。


昔、マネーの虎というTV番組があったのはご存知でしょうか?
「こんなビジネスをやりたい!」というプレゼンをして、
出資者が儲かりそうかを判断して資金供給するか決めるものでしたが、
クラウドファンディングはその番組コンセプトに近いものです。


クラウドファンディングで資金獲得を成功させるために重要なのは
「出資したい」「応援したい」と魅力を感じるような
プレゼンのためのホームページを作ってアピールする必要があります。

弊社は個人事業主・法人のクラウドファンディングを手伝っており、
元々マーケティングに強みのあるプリンセスカームグループですから
中には100万円、200万円の資金調達に成功した事例もあります。

資金調達サポートは35000円から対応しておりますが
相談は無料ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

・個人、法人関係なくお申し込み頂けます。

・日本全国対応しております。

35,000円 税抜  

加算ポイント:350pt

商品コード:

数量
このサービスの評価・お客様の声 ★★★★★ (1)
このサービスの評価・お客様の声 ★★★★★
  • 石川真悟様 ★★★★★


    La Vie en Rose

    コスプレサークルを運営している石川です。コスプレ衣装はコミケに向けてワンオフ製作するものの自費で何万円も投資して何ヶ月も作り込んでやっと完成するものです。

    ほとんどのコスプレイヤーは趣味でやっており普段は学生アルバイターや社会人をしていますが実生活と趣味を共存することが難しくなって多くのコスプレイヤーが引退していきます。

    そこでイベントなどでオリジナルのイメージモデルを使いたい法人企業とコスプレイヤーを結び付けられないかと思いビジネスを立ち上げましたところ120万円の出資を頂くことができました。ありがとうございました。


▲トップへ戻る