この度はプリンセスカームグループのホームページにご訪問いただき誠にありがとうございます。私は代表を務めております、南部と申します。

弊社は7期目(2012年6月に法人設立)の若い会社ながら、ありがたいことに2000社以上の中小企業をサポートさせて頂けるご縁をいただきました。
お客様のご要望にお応えするうちに出来ることが増えており、現在はより専門性を追求するため分社化を図り実質5社体制にて運営しております。


一般的なWEB業者は得意分野・苦手分野が明確ですが、弊社は特に苦手分野がなく「ITやWEBのお困りごとは何から何まで解決する!」と宣言しております。そして、実際に他の業者が対応できないあらゆるご要望を幾度となく解決しております。
プロ業者が「信じられない!」「あり得ない!」と舌を巻くほど幅広い対応範囲のため、最近では業者も対応できない案件をご紹介いただく機会も増えており、まさに【お困りごと解決の最後の砦】になりつつあります。


「なぜ何から何まで対応という難題を掲げるのか?」「なぜ他の業者ができない専門分野に対応できるのか?」
お会いした経営者様によくご質問いただきますが、その理由は【創業者である私自身の原体験】と【当社の設立背景】にあります。
まだ弊社のことをよくご存知でないお客様は、是非こちらをご一読いただき、私たちが「どういう価値観で、何を目指している業者なのか?」についてご承知おき頂けましたら幸いです。

私、南部孔一は幼い頃から電子工作やコンピューターが大好きで、少年期は「キテレツ君」と呼ばれるほどITに没頭していました。
PC9801から始まったパソコン歴は30年を超えましたが、コンピュータ三昧の思春期を過ごした私の拙い経験が、社会に役立てられていることを心より嬉しく思います。

私は高校在学中に初めての起業をしたこともあり、大学では就職活動をしませんでした。その代わり、実務経験を積むために当時最も注目されていたライブドア(オン・ザ・エッヂ)にインターン入社しました。


本来なら採用されなかったところを「タダ働きでいいから経験を積ませて欲しい!」と食い下がった異例のインターンを経て、
2004年にはライブドア関連会社 社長のチャンスを頂くこととなりました。ヒルズ族としての栄華は短い期間であったものの、
堀江貴文氏や榎本大輔氏、T部長から学ばせて頂いた貴重な経験は、私の血肉としてプリンセスカームグループ経営の礎になっています。

LDショック以後は人間不信で引きこもり、半年間のネットゲーム廃人生活を経てベンチャー系広告代理店(WEB会社)に就職する形で社会復帰。
引きこもりの反動から働き詰めになり、ほぼ毎日を深夜3時過ぎまで働き通し、新宿〜大宮の30kmをママチャリ通勤していました。


ある時コンサルタントとしてサポートしていたお客様から 「サービスを受け続けたいものの、お金がない」と涙ながらに相談されました。倒産寸前のお客様の想いを会社に伝えたところ「すぐに切り捨てろ!そんな顧客のためにエンジニアやデザイナーを煩わせるな!」という会社判断。
非情な会社方針に
私は「だったら自力で何とかする!」と猛反発。当時はプログラム技術もゼロ、クリエイター技術もゼロでしたが、会社に泊まり込んで終業後の時間を使って、お客様を救いたい一心で独学で習得しながら「私の独自サービス」を提供することとなりました。


そのお客様の会社資金は既にショートしており、社長の決死の金策と役員の無給状態で何とか従業員には最低限の給与を支払えている崖っぷち。しかし間もなく限界という鬼気迫る状況で、「私自身が何とか出来なければ彼らは路頭に迷ってしまう!」という挑戦が始まりました。
そして私の取り組みによって一時は倒産寸前だったお客様の企業が、最終的には当初よりも11倍も売り上げが伸びました。 (現在は豊島区巣鴨地域を代表する企業として同業種ではかなり注目される存在。)これが私の人生そのものを変えた成功体験です。

それ以来、私は商品ありきで「会社の商材を売る」のではなく「本当にお客様にとって必要なもの」を提案するようになりました。もしも社内エンジニアが開発できなければ、会社に泊まり込んで知識も技術も乏しい私自身が開発に向けて独学自力で奮闘する日々が始まります。


連日18時間労働などというと呆れられてしまうかもしれませんが、やらされている仕事ではなく「好きでやっている」からこそ、会社に泊まり込みで延々と働き詰めでもノンストレスの私はあらゆる分野のエキスパートになり、一般的なコンサルタントが1人あたり10〜30社ほどを担当するところ、私は常に140社以上の顧客をサポートするようになりました。

2年前までは知識も経験もゼロだった私のもとに、IT・WEB・SEO・システム・広告・デザイン・メディアなど各部門の専門家が、技術的な相談に尋ねてくるまでに成長しました。
しかし、会社とは価値観が合わず、サラリーマンとして企業に属する限りはサポートできる範囲に限界を痛感して退職。

「中小企業の要望に何から何まで対応できる存在になりたい!」と理想のサポートを実現するために当社を起業し、今日に至ります。


ちなみに140社以上の顧客を担当していた私ですが、独立に際して1社も引き抜きませんでした。「どうしても私に担当して欲しい」と言って頂いたお客様には、しばらく待って頂くことにしましたが、、
私の退職から間もなく、勤めていた会社のコンサルタント部署そのものがなくなってしまい、担当コンサルをつけずにサポートコールセンター窓口を作るという体制に切り替わってしまいました。

私の退職によって少なからずの第三者にご迷惑を掛けたことは事実で、それは申し訳なく思う一方で、「私の存在があったからこそコンサル部署が存続できていた」という客観的事実は、独立して当社を立ち上げて間もない私にとって大きな自信に繋がりました。

IT・WEB業界はジャンルによって「得意・苦手があるのが当たり前」ですが、苦手なこと・やりたくないことは「不可能です!」「仕様なので諦めて下さい!」と切り捨てる場面が多々あります。

しかし、そんな業界の常識を覆すために生まれた当社は、創業以来、他の業者が不可能という課題にも、最大限お応えして参りました。
そして現在ではプロの同業者ですら「信じられないサービス」と絶句するまでの、あらゆるお困りごとを解決する総合サポートに発展しています。


このサービスは『世界中でも弊社だけが提供できるもの』です。
何故なら当社のサービスは南部孔一の人生を通して学んだ「経験則とノウハウそのものの」を基盤にしているからです。


弊社はこれまでの中小企業サポートを通して「1000件以上の成功事例」を作って参りました。成功事例(=ノウハウ)というのは流用性があり、 たとえば「A社の成功事例はB社の成功にもつながる」「C業界の成功事例はD業界の成功にもつながる」という性質があります。

つまり、あなたにとっても、弊社の成功事例の引き出しを活用して頂くことで、 「よりビジネスを安定させ、よりビジネスを加速させることができる」というメリットがあります。


弊社のビジネスの本質は多くのお客様をサポートしてきた経験そのものにあります。ですから、他社が真似しようとしても、まったく同じサービスを、まったく同一レベルで提供することは絶対にできません。どんなにモノマネを極めても同一人物になれないのですから。

『プリンセスカームグループだけの唯一無二のサービス』です。

プリンセスカームグループは、
お客様のお困りごとを「不可能」と簡単に切り捨てる、この業界の常識を変えたい という信念のもとに「ITやWEBのお困りごとは何から何まで解決する!」という価値観を掲げております。
そして真摯にお客様と向き合うことで、現に99%のお困りごとを解決しております。


もしも、あなたが、プリンセスカームグループの信念に共感いただけるのなら。

そして私たちと二人三脚で『もっとビジネスをより良くしたい』というお気持ちがあるのでしたら。

是非ともビジネスパートナーとして私たちを頼ってください。


お客様とお客様のお悩みの声に真摯に向き合いながら不可能を可能に変えてきた当サービスは、前向きにビジネスの発展を願っている
、あなたのためのサービスです。

必ずやあなたのビジネスを発展させるお力になってご覧に入れます。


私たちプリンセスカームグループは、未熟な企業ではございますが、1社でも多くのお客様のお役に立てるよう。また、1件でも多くのお困りごとを解決できるよう。
更なる目標に向けて全社一丸となって邁進し、一切の妥協なく進化・成長をし続けて参ります!


どうか今後とも格別のお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



2019年(令和元年) 12月

プリンセスカームグループ代表 南部孔一
▲トップへ戻る